総量規制対象外のクレジットカード

 

総量規制対象外のクレジットカード

賃金業法が改正され、総量規制が施行されてからは利用者の利益保護を目的に賃金業者(消費者金融会社・クレジットカード会社・信販会社)が年収の1/3を超える貸付をすることが原則禁止とされています。

普段お買い物の際に、クレジットカードを利用される方も多いことと思いますがクレジットカードと総量規制はどのように関係しているのでしょうか?
また、どのように利用したら総量規制の対象となるのでしょうか。

 

クレジットカードの場合は、無担保で融資するクレジットカードのキャッシング枠が対象となります。
総量規制は賃金業法へ適用されますからクレジットカードのショッピング枠である総合割賊販売(2ヶ月以上で3回以上の分割やリボ払いをすること)や個別割賊販売(自動車購入時など個別の割賊払い契約を結ぶ)は適用されず、対象外となります。

 

クレジットカードの場合には、キャッシング枠を利用したときに総量規制の対象となり、ショッピング枠で利用する分には対象外となるようです。

 

総量規制対象外のローン

 

総量規制の対象外となるローンは、カードローンなど銀行のローンとなります。
総量規制は「借入総額が原則として年収などの3分の1までに制限される」というものです。
これは、それまで行われていた過剰な貸付を防止するためのものとなり対象は「個人向け貸付」の借入総額となります。
とは言っても、個人向であっても総量規制の対象外になるロオーンもあります。
それが賃金業ではない銀行からの借入や事業用資金として借り入れる場合のローンです。
同じカードローンというくくりでも、消費者金融会社から借入するカードローンは総量規制の対象となり銀行系カードローンは総量規制の対象外ということになります。
銀行系カードローンは金利が低いとして知られています。消費者金融と比較するとカードローン審査が通りにくい傾向にはありますが、大きな借入を行ったり返済が長引く場合には有利に借入が出来ることとなりますから人気もありますし、オススメできます。

 

総量規制対象外を一本化

 

総量規制の対象外として、有名なのが銀行系カードローンですよね。
カードローンは利用限度額の範囲内でしたら何度でも借入できるのですがコツコツ返済はしているけど返済額がなかなか減らないという方も多いのではないでしょうか?
もし、複数のローンの借入をされているのでしたらそれらをまとめることによって返済額を軽減することが出来る可能性も十分にあります。

 

複数のローンがあったら、借入の数だけ金利もあり返済日もあり…とこんがらがってしまいますよね。
今借りているローンの元本を減らしたいのでしたら返済専用のローンの「おまとめローン」です。
通常、消費者金融から借入するカードローンは総量規制の対象となり借入総額が原則年収の3分の1までに制限されていますが、おまとめローンの場合は賃金業法に基づくので消費者金融のおまとめローンであっても総量規制対象外のローンとなっています。
そのため、おまとめローンを検討されている方は消費者金融のものでも総量規制対象外ということを覚えておくと良いですね。

 

審査が甘い総量規制対象外 

 

審査が甘い総量規制対象外 

カードローンなどの借入をするにあたって、「総量規制対象外で出来れば審査が甘いところで借入したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

賃金業法が改正されてからは総量規制が施行され年収の3分の1以上の借入をすることが出来なくなりました。
そこで、更に注目されているのが総量規制対象外のカードローンです。
総量規制対象外の代表として知られているのが銀行系カードローンですが、審査は甘いのでしょうか?
実はそうではありません。銀行系カードローンには大口を申し込むことが出来たり銀行のものなので安心して利用できるイメージはありますが、保証か者が消費者金融というケースが多いですからもちろん審査はきちんと行われています。
一方銀行系カードローンの審査は、消費者金融の審査よりも厳しいという声もあります。銀行系カードローンは低金利ですし大きい額の借入も可能となっていますから少し審査が厳しめのところも多いと言われています。

 

総量規制対象外とは

 

2010年の賃金業法改正の際に施行された総量規制とは、個人の借入額が原則として年収の3分の1までに制限される仕組みのことを指しますが、この総量規制には「除外」または「例外」となる貸付があります。
除外の貸付は、総量規制の対象とならない貸付となります。
・不動産購入または不動産に改良のために貸付
・自動車購入時の自動車担保貸付
・高額療養費の貸付
・有価証券担保貸付
・不動産担保貸付
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
・手形の割引
・金融商品取引業者が行う500万超えの貸付
・賃金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

 

また、例外の貸付は例外とは違い貸付の残高としては算入するものの例外手kに年収の3分の1を超えている場合でもその部分について返済能力があるかを判断したうえで貸付が出来るものとなります。
・顧客に一方的有利となる借換え
・緊急の医療費の貸付
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払う為の資金の貸付
・配偶者と併せた年収の3分の1位かの貸付
・個人事業者に対する貸付
・預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

 

となります。

 

ブラックokの総量規制対象外

 

ブラックokの総量規制対象外

カードローンなどのキャッシングの利用を検討していて、ご自身が返済遅延やブラックリストに入っていてブラックの場合…総量規制対象外のカードローンで借りられるところはあるのでしょうか。

他のカードローンの審査を受けてみてもなかなか通らなくて融資が受けれなくて困っている方も居ることと思います。
オススメとしては、大手以外の業者を狙ってみることです。
安心感もありますし、大手を利用したいと考えますが大手はキャッシング業界の中では審査が厳しいと言われています。
総量規制対象外の銀行系カードローンも低金利や大きな金額の借入も出来るところが魅力的ではありますが、その分審査に通るのが難しいのです。
大手以外であれば小額でも融資を受けられるところが見つかるかもしれません。
ご自分がブラックだという場合には、実際に融資を受けられるところが限られてきますがいくつものカードローンの申込をすることも逆効果ですから始めから大手以外のところの申込をされることをオススメ致します。

 

審査が甘い即日借りれる総量規制対象外

 

2010年に賃金業法が改正されてからは、総量規制が施行されるようになりました。
総量規制とは、「個人の借入総額が原則として年収の3分の1までに制限される」という仕組みのことを指します。
簡単に言ってしまえば、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となり、銀行系カードローンは総量規制の対象外となります。
そこで、総量規制対象外のカードローンを利用したいと考える方も多いことでしょう。
総量規制対象外のカードローンで審査が甘く即日融資が可能なところはあるのでしょうか。
調べてみたところ一番条件に合うのは「みずほ銀行カードローン」でした。
みずほ銀行カードローンは、実質年率が年3.0%〜7.0%と低く、審査時間も最短即日、利用限度額は最大1,000万円となっています。
借入するにあたっての必要資格は
・ご契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けれる方
としていますし、専業主婦でも配偶者に安定かつ継続した収入がある方は限度額30万円を上限に申込みすることが可能となっています。

 

ブラックでも申し込みできる総量規制対象外

 

総量規制対象外とされている銀行系カードローンには、申込ブラックの方でも利用することが出来るのでしょうか。
【申込みブラック】とは…いくつもの申込みをしている場合、当然その情報が金融機関にもたらされ結果その点だけで審査が通らなくなってしまうことです。
カードローンは気軽に申し込むことができるものではありますが、だからと言って短期間に何社ものカードローンを申し込んでしまうとそれが逆効果になってしまい他には何も問題がないのに審査に通らず融資を受けることができなくなります。
申込際には慎重さも必要となります。
申込ブラックになったからローンが組めないと考える方も多いようですが、総量規制対象外ならローンを組める可能性が残されていますよ。
大手銀行カードローンでは保証会社が消費者金融というケースが多く消費者金融と銀行が繋がっていることが多いので、消費者金融とは無縁の総量規制対象外のローンを選びましょう。
・セブン銀行カードローン
・みずほ銀行カードローンなどがオススメです。

 

即日融資可能な総量規制対象外

 

即日融資可能な総量規制対象外

総量規制が施行されてからは原則年収の3分の1までしか融資を受けることが出来なくなりました。

そのため、年収300万円の方でしたら3分の1の100万円まで、年収600万円の方でしたら3分の1の200万円が貸付限度となりそれ以上の貸付は出来なくなりました。
しかし、この規制は賃金業者【消費者金融・クレジトのキャッシング・信販会社】が対象となっており賃金業者以外では対象外となります。
そこで、総量規制対象外で即日融資が出来るところはあるのか探してみました。
総量規制対象外の代表と言えるのが銀行系カードローンですよね。
オススメは、「オリックス銀行カードローン」です。
オリックス銀行カードローンは、業界最低水準の低金利で金利3.0%〜17.8%となっています。限度額は最高800万円と高額です。
限度額が高額なほど金利も低くなっていますから他社の借り換えローンや複数借入のおまとめローンまで幅広く利用することが出来ます。
最短即日審査が出来ますし収入証明書は300万円まで不要ですから用意する手間も省けます。
ローンカード発行後には即日融資も可能で、オリックス銀行口座を開設する必要もありません。

 

総量規制対象外のキャッシング

 

総量規制が施行されてからは年収の3分の1の金額までしか借入をすることが出来なくなりました。
普段の生活に利用するのにキャッシングを利用するのでしたら問題ありませんが、例えば自動車を購入するときや子どものまとまった進学費用を用意するとき…そんな時に年収の3分の1の借入ではどうにもできない場合もありますよね。
そんな時に助かるのが総量規制対象外のキャッシングローンです。
総量規制の対象となる賃金業者は【消費者金融会社・クレジットカード会社・信販会社】と無担保で融資するクレジットカードのキャッシング枠やカードローンが対象となりますが、銀行系カードローンは総量規制の対象外となります。他にも住宅ローンやオートローンは総量規制対象外です。

 

銀行系カードローンは消費者金融のカードローンと比較すると審査が厳しいとも言われていますが、金利が低く大きな額の借入をすることも可能となっていますから総量規制対象外のキャッシングを利用したいという方にはオススメです。

更新履歴